既製サイズとオリジナル|簡単に作成できる名入れカレンダー|顧客に合わせて用意しよう
婦人

簡単に作成できる名入れカレンダー|顧客に合わせて用意しよう

既製サイズとオリジナル

箱

目的に応じた使い分け

化粧箱の製作を外注するときには注文の形式に大きく二つある点に着目して使い分けるのが大切です。既製サイズのもので適切な印刷を施して製作する方法と、箱のデザインから全てオリジナルで製作する方法とがあります。どちらを選ぶかで悩んだら化粧箱の使用目的に応じて使い分けるのが効果的です。既製サイズで問題ないときには既製サイズを選んだ方が安くできます。しかし、商品に合わせたサイズにする必要がある場合や、既製品がそもそも存在しない場合にはオリジナルの化粧箱の製作を依頼することになるでしょう。既製サイズの場合には納期も早くなるため、急いで準備しなければならないときにまずは間に合わせで発注するということも可能です。

オリジナルのときの工夫

オリジナルの化粧箱の製作を外注すると既製サイズに比べると高くなります。そのときの工夫としてオリジナルのデザインを自分で行うか、その業者に依頼するかをよく考えるようにしましょう。化粧箱の単価はそれほど業者間で大きな差はありませんが、デザイン料については大差があります。オリジナルのデザインを持ってけばほとんど費用がかからない業者もあれば、デザインを依頼しても費用に大差がない業者もあるからです。どちらを選ぶかによって業者も選び直すというのも良いでしょう。専門的な業者を選ぶと商品に合わせて綿密な相談をした上でデザインを提案してくれる場合もあります。既製サイズ以外にするときには、ノウハウの高い業者に相談するとより良い化粧箱が手に入るでしょう。