ヒアリングから始める方法|簡単に作成できる名入れカレンダー|顧客に合わせて用意しよう
婦人

簡単に作成できる名入れカレンダー|顧客に合わせて用意しよう

ヒアリングから始める方法

グッズ

プロの視点からの提案

販促の目的で企業としてオリジナルグッズを作成したいときには、ノベルティなどを扱う専門業者にまず相談してみるのが賢明です。何を作成するかが決まっていない段階から相談してみると、販促を行いたい商品や企業としてのキャラクターを尊重して適切なオリジナルグッズの提案をしてもらえるでしょう。まずはヒアリングから始めるという心構えを持っておくと、プロとしてのノウハウに基づいた提案を受けることが可能です。それを叩き台にしてどのようなオリジナルグッズを作成するかを考えると効果の高いノベルティなどを用意できるでしょう。提案をそのまま受け入れても十分に販促効果のあるものが手に入る可能性も高く、費用も安上がりにできるメリットがあります。

得手不得手の考慮

オリジナルグッズについての提案を受けたいときにはいくつかの業者に問い合わせてヒアリングを受けてみることが大切です。業者によってオリジナルグッズの作成に得手不得手があるため、自社の得意とするグッズに特化して良いものを提案しようと考えることがよくあります。いくつかの候補を挙げてみるとどれが最も適しているかという視点を持てるようになり、販促を行いたい商品に合ったものを選び出せる可能性が高まるのです。コストパフォーマンスを考えるのも大切であり、不得手なオリジナルグッズの作成を提案している業者があれば、他の業者に類似品の作成を依頼することも可能です。業者によって得手不得手がある点を念頭に置いてよく比較を行いましょう。