印刷

簡単に作成できる名入れカレンダー|顧客に合わせて用意しよう

ヒアリングから始める方法

グッズ

オリジナルグッズの作成によって販促を行うときには業者のヒアリングを受けるとプロの視点から良いものを提案してもらえます。業者による得手不得手も考慮していくつかの業者を利用してみるとより良いものを選び出せるでしょう。

Read More..

既製サイズとオリジナル

箱

化粧箱を外注するときには既製サイズから選ぶかオリジナルのデザインから製作するかを選択できます。既製サイズの方が安くて納期が短いものの、商品に合わせるにはオリジナルのデザインが必要です。オリジナルの化粧箱の製作をするときには業者選びも重要になります。

Read More..

品質が良くコストも削減

封筒

印刷物が送られてきた場合、真っ先に目にするのが封筒になります。ですから封筒印刷を魅力的な物にすることが大切です。封筒印刷を専門に取り扱っている業者も多いので、必要に合わせて選ぶようにしましょう。ビジネスの機会をより一層生かすためにも、封筒印刷を積極的に活用しましょう。

Read More..

顧客のニーズに合わせる

カレンダー

外注でも簡単に選べる

顧客に対して提供する名入れカレンダーはただの年末の挨拶ではなく、新年から使ってもらうことに意味があります。顧客のニーズを考えて使いやすいものを提供するのが重要ですが、必ずしもオリジナルのデザインをする必要はありません。人気があるのは外注であり、既成のデザインの中から選ぶだけでニーズに合ったものを提供できるのが一般的です。数ヶ月分を一枚にしたものや六曜及び旧暦などの記載、年表の付属など様々な形のカレンダーを名入りにしてもらえます。全てオリジナルのものを作ろうとすると人件費がかかりますが、既成のカレンダーから選べば速やかに名入れカレンダーが作れるため、経費と労力を軽減するのに役立つ簡単な方法です。

顧客のニーズと費用

あらゆる顧客のニーズに合わせて名入れカレンダーを制作しようとすると大きな費用がかかる場合もあるので注意しましょう。幅広い顧客を扱っている企業の場合には、ニーズに合わせようとすると複数の仕様の名入れカレンダーを用意しなければならない場合もあります。一種類のカレンダーを大量に用意するのに比べて複数のカレンダーを制作するのは費用がかからざるを得ません。全てのニーズに応えようとするのではなく、ある程度のふるいをかけてターゲットにする顧客をピックアップすることも必要になるでしょう。名入れカレンダーにどれだけの費用をかけられるかを予め見積もった上で、その予算枠内で種類数を限定して用意するのが賢明な方法です。